使われる木材から選ぶ|カビやダニを防げるすのこベッドの魅力|木材から最適な製品を探そう

カビやダニを防げるすのこベッドの魅力|木材から最適な製品を探そう

女の人

使われる木材から選ぶ

室内

市場で多く販売されているすのこベッドは、天然の無垢材を使った製品が多くを占めています。無垢材で作られたすのこベッドは、化学成分を含んだ塗装や接着剤が使われていないことから、ハウスシックなどのリスクもない健康的なベッドです。しかし、天然素材が使われているということに着目する人はいても、その木材がどんな種類の木材であるかを気にする人はほとんどいないでしょう。すのこベッドを選ぶ際にもっとも注目しなければならないのが、使用されている木材です。自分の生活スタイルなどに合わせ、最適な木材が使われたすのこベッドを選ぶようにしましょう。

すのこベッドで使われる木材は、桐と杉、ヒノキ、パイン杉の4つが一般的です。桐のすのこベッドの特徴は、非常に軽く熱伝導率が低いため、火災にも強いという点が挙げられます。杉のすのこベッドは安価であり、調湿性も高いことから、使いやすさという点において高く評価されています。ヒノキは非常によい香りが人気であり、香りによるリラクゼーション効果が得られます。また、防腐性や防虫性に高い効果があることから、すのこベッドを長く使用したいという人にとって最適な木材といえるでしょう。パイン杉のすのこベッドであれば、見た目が美しいだけでなく、木材の中でも柔らかいので、寝心地のよいベッドを探している人にとってぴったりのベッドとなるでしょう。このような木材の特徴は、使用する場所や実際に使う人に合わせて選ぶ必要があります。川沿いで湿気の多い地域に住んでいる人であれば、調湿性に優れた杉が最適であり、また普段からストレスを溜めることが多いという人であれば、香りのよいヒノキやパイン杉のベッドがよいでしょう。男性に比べて体力のない女性であれば、軽量の木材である桐を選ぶのが最適でしょう。